マーチンゲール法の使い方(賭け方)

マネーシステム投資法(ギャンブル必勝法)の中でも最もメジャーな攻略法と言えば、「マーチンゲール法」。マーチンゲール法は負けた損失額を1度の勝利で全額回収することができる優れた投資法です。

この記事では、そんなマーチンゲール法の使い方や賭け方についてご紹介します。オンラインカジノやFX などの勝ち負けが左右されるギャンブルや投資には非常に有効的な手法となっていますので、使い方を覚えてしっかりと利益を出していきましょう。

マーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法は「損失額の回収」を目的とする手法です。ゆえに、使用するのはゲームに負けているときです。

マーチンゲール法の戦略内容は ‘’ 倍賭け ‘’ です。ゲームに負けてしまった場合、直前のゲームの賭け金を2倍にした金額を次のゲームに賭けていきます。負けが続く限り倍賭けベットを繰り返し使用するのがマーチンゲール法の使い方となります。

そして、マーチンゲール法を使用してゲームに勝った場合は、積み重なった損失額の全額を回収することができ、さらに利益を発生させます。例えば、2倍配当のカジノゲームでマーチンゲール法を使用し成功した場合は以下のような結果になります。

ゲーム賭け金勝敗累計収支
1ゲーム1ドル負け-1ドル
2ゲーム2ドル負け-3ドル
3ゲーム4ドル負け-7ドル
4ゲーム8ドル負け-15ドル
5ゲーム16ドル勝ち1ドル

このように、負けて積み重なった損失額は1度の勝利で全て回収することができ、1ゲーム目の賭け金分が利益として発生します。例えば、2ドルからマーチンゲール法の倍賭けを使用した場合、勝利時には2ドルの利益が発生し、10ドルから使用した場合は10ドルの利益が発生します。

使い方のポイント

  • 初期ベット額を決めてゲームをスタート
  • ゲームに負けた場合:倍の金額を賭けて次のゲームをプレイ
  • ゲームに勝った場合:マーチンゲール法をリセットし初期ベット額に戻る
マーチンゲール法の使い方に関する記事
マーチンゲール法の注意点と対策
マーチンゲール法が使えるカジノゲーム
マーチンゲール法を効果的に使うコツ

マーチンゲール法の賭け方と実践例

実際に、マーチンゲール法の賭け方を見ていきましょう。Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)のEuropean Roulette(ヨーロピアン・ルーレット)で使用したマーチンゲール法の実践例をご覧ください。賭けには2倍配当のRed or Black(赤黒賭け)を使用しています。

1ゲーム目(開始ゲーム)

1ゲーム目は、「1ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は6の黒で『負け』となり、累計収支は-1ドルです。

2ゲーム目

2ゲーム目からマーチンゲール法を使用します。直前のゲーム(1ゲーム目)の賭け金1ドルを2倍にした金額「2ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は26の黒で『負け』となり、累計収支は-3ドルです。

3ゲーム目

3ゲーム目は、直前のゲーム(2ゲーム目)の賭け金2ドルを2倍にした金額「4ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は22の黒で『負け』となり、累計収支は-7ドルです。

4ゲーム目

4ゲーム目は、直前のゲーム(3ゲーム目)の賭け金4ドルを2倍にした金額「8ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は24の黒で『負け』となり、累計収支は-15ドルです。

5ゲーム目(終了ゲーム)

5ゲーム目は、直前のゲーム(4ゲーム目)の賭け金8ドルを2倍にした金額「16ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は19の赤で『勝利』です。32ドルの払い戻しがあり、5ゲーム目の賭け金16ドルとこれまでの損失額15ドルの計31ドルを引いた1ドルが利益として発生しました。

損失額の全額を回収し利益が発生したらマーチンゲール法が成功です。再度マーチンゲール法を使用する場合は、ゲームに負けた際に同様の手順を繰り返しましょう。

マーチンゲール法の検証結果はこちらから

マーチンゲール法の使い方(賭け方)|まとめ

今回は、マーチンゲール法の基本的な使い方や賭け方についてご紹介しました。ご覧の通り、マーチンゲール法は誰にでも扱える簡単な手法となっています。オンラインカジノのルーレットやブラックジャック、バカラなど、多くのテーブルゲームに使用することができますので、ぜひ使ってみてくださいね。