ニュース

マーチンゲール法は本当に有効?効力を検証

オンラインカジノ等のギャンブルで利益や勝率を上げるためには、負け数を減らし損失を減らすことが一番です。損失額回収に適した攻略法と言えば「マーチンゲール法」。マーチンゲール法は1度の勝利で損失額の全額を回収する優れた投資法です。 ここでは、そんなマーチンゲール法がオンラインギャンブルに有効であるかを検証したいと思います。マーチンゲール法の威力に疑念を持っている方もぜひご覧ください。 マーチンゲール法の使い方に関する記事マーチンゲール法の使い方(賭け方)マーチンゲール法の注意点と対策マーチンゲール法が使えるカジノゲームマーチンゲール法を効果的に使うコツ マーチンゲール法の検証結果 それでは早速、マーチンゲール法を検証していきます。ルーレット、バカラ、ブラックジャックの各種ゲームでマーチンゲール法を使用した結果をご覧ください。 ルーレットで検証 Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)で遊べるEuropean Roulette(ヨーロピアンルーレット)を25ゲームプレイしマーチンゲール法を使用した結果は以下の通りです。 ルーレットを25ゲームプレイした結果、負け数13回、勝ち数12回となり、25ゲーム中の最大賭け金額は16ドル、最大損失額は10ドル、最終的に12ドルの利益が発生しました。マーチンゲール法を使用した回数は4回です。 マーチンゲール法は負けた時に使用し勝利することで初めて成功する手法となります。成功時に利益として発生する金額は初期賭け額となるため、非常に微々たる金額ですが、連敗時の損失額の回収が成功することで、ゲーム勝利時の利益のみが加算される仕組みとなっています。マーチンゲール法が成功する限り利益は上がり続けますので、ぜひ試してみてください。 バカラで検証 Vera&John(ベラジョンカジノ)で遊べるBaccarat Pro(バカラ・プロ)を25ゲームプレイしマーチンゲール法を使用した結果は以下の通りです。 バカラを25ゲームプレイした結果、負け数9回、勝ち数12回、引き分け4回となり、25ゲーム中の最大賭け金額は8ドル、損失無しで最終的に12ドルの利益が発生しました。マーチンゲール法を使用した回数は6回です。今回は、一度も損失額を出さずに上手くマーチンゲール法を使用することができました。 ブラックジャックで検証 Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)で遊べるClassic Blackjack Gold(クラシック・ブラックジャック・ゴールド)を26ゲームプレイしマーチンゲール法を使用した結果は以下の通りです。 ブラックジャックを25ゲームプレイした結果、負け数13回、勝ち数11回、引き分け2回となり、25ゲーム中の最大賭け金額は128ドル、最大損失額は116ドル、最終的に13.50ドルの利益が発生しました。マーチンゲール法を使用した回数は5回です。 前半から中盤にかけてスムーズに利益を上げることができましたが、ゲームの後半に連敗が続いたことで勝負の状態が危うくなりました。マーチンゲール法は成功すれば安定して利益を出すことができる攻略法ですが、失敗してしまうと大きな損失が出てしまいます。今回はマーチンゲール法のみを使用しましたが、成功させるためにはブラックジャックの勝率を高めるベーシックストラテジーやカードカウンティング等の戦略と併せて使用することが良いでしょう。 マーチンゲール法は本当に有効?効力を検証|まとめ マーチンゲール法の検証結果はいかがでしたでしょうか?ご覧の通り、マーチンゲール法は成功することで安定して利益を上げられる有力なマネーシステム投資法となっています。皆さんも様々なカジノゲームでマーチンゲール法を使用してみてくださいね。

マーチンゲール法を効果的に使うコツ

オンラインカジノ初心者・経験者問わず、誰でも簡単に使える攻略法「マーチンゲール法」。マーチンゲール法はオンラインカジノのように勝ち負けが左右される勝負や投資には非常に最適な手法です。 この記事では、そんなマーチンゲール法を効果的に使うコツをご紹介します。損失額の全額回収を目的とするマーチンゲール法を使って、オンラインカジノでの負けや損失を少しでも減らし利益や勝率を高めていきましょう。 マーチンゲール法の使い方に関する記事マーチンゲール法の使い方(賭け方)マーチンゲール法の注意点と対策マーチンゲール法が使えるカジノゲーム マーチンゲール法を効果的に使うコツ それでは早速、マーチンゲール法を効果的に使うコツを3つご紹介します。 1. 勝率50%(1/2)の賭けで使用する マーチンゲール法を使用する際は、50%(1/2)の確率で勝てるカジノゲームや賭けを選びましょう。マーチンゲール法は勝負に勝つまで倍賭けを繰り返していく手法であり、連敗すればするほど賭け金や損失額が大きく膨れ上がります。勝てる可能性の高い勝率50%のカジノゲームを選択してマーチンゲール法を使用することで、成功率も高めることができるでしょう。 → マーチンゲール法に最適な勝率50%の賭けが知りたい方はこちらから 2. 空回しを使ってゲームの流れを把握する ルーレットに限ったことですが、オンラインカジノで遊べるテーブルゲームのルーレットではチップ(現金)を賭けずにWheel(ホイール)を回し、結果だけを確認することができます。これを「空回し」と呼びます。マーチンゲール法を使用する場合は「空回し」を上手く利用しましょう。実際には以下の確率を参考にしてゲームに参加するタイミングを決めるとよいでしょう。 同じ結果になる確率:勝率50%(1/2)の確率で勝つゲーム1回目の結果50%(1/2)2回連続で同じ結果になる確率25%(1/4)3回連続で同じ結果になる確率12.5%(1/8)4回連続で同じ結果になる確率6.2%(1/16)5回連続で同じ結果になる確率3.1%(1/32)6回連続で同じ結果になる確率1.6%(1/64)7回連続で同じ結果になる確率0.8%(1/128)8回連続で同じ結果になる確率0.4%(1/256)9回連続で同じ結果になる確率0.2%(1/512)10回連続で同じ結果になる確率0.1%(1/1024) 勝率50%の賭けには、ルーレットのRed or Black(赤黒)、Odd or Even(奇数偶数)等があります。各ゲームでの勝てる確率はあくまで50%となりますが、同じ結果を記録すればするほど違う結果になる可能性も高くなり、同時に同じ結果になる可能性は低くなります。 ルーレットでマーチンゲール法を使用する場合は、成功率を上げるためにも「空回し」を使ってゲームの流れや結果を確認しましょう。具体的には、3連続同じ結果を確認したらゲームにチップを賭け始める、5連続同じ結果を確認したらゲームを始めるなど、ルールを決めてプレイするとよいでしょう。 → 空回しを使ったマーチンゲール法の検証結果はこちらから 3. 複数の攻略法を組み合わせて弱点を相殺 攻略法とはゲームの勝率や利益を高めるために編みだされた戦略であり、使用することで勝率や利益を大きく上げることができます。オンラインカジノを利用するプレイヤーにとっても非常に頼りになる戦略ですが、ひとつの攻略法にのみ頼ることは避けるべきでしょう。なぜなら、攻略法にはそれぞれ欠点が存在し、確実に勝てるわけではないからです。 では、どうすれば良いのか。それはとても簡単です。複数の攻略法を組み合わせてお互いの戦略の欠点を補えばよいのです。例えば、以下のようにマーチンゲール法とパーレー法(逆マーチンゲール法)を下記ルールに当てはめて使用したとしましょう。 ルーレットの「赤」にチップを賭けるパーレー法の連勝数を3回までとする負けた場合にのみマーチンゲール法に切り替える マーチンゲール法とはゲームに負けた時に倍賭けを行っていく手法であり、パーレー法とはゲームに勝った時に倍賭けを行っていく手法です。上記のルールに当てはめて各攻略法を使用することで、パーレー法で失敗した時に発生する損失額をマーチンゲール法で取り返す、といった理想的なシステムが実現します。 その他にも、成功率の高いモンテカルロ法とマーチンゲール法を組み合わせて使用したり、ブラックジャックのカードカウンティングやベーシックストラテジーで勝率を上げてマーチンゲール法を使用したりなど、使い方は様々です。 マーチンゲール法を効果的に使うコツ|まとめ 今回は、マーチンゲール法を効果的に使うコツをご紹介しました。マーチンゲール法の欠点と言えば、連敗するほど倍賭けが必要となり賭け金も増大化することです。これさえ押さえておけば、マーチンゲール法はオンラインカジノプレイヤーにとっても非常に強い味方となるでしょう。マーチンゲール法を使用する際は、勝率の高い賭けやルーレットの空回し等を使って成功率を高めて行きましょう。

マーチンゲール法が使えるカジノゲーム

マネーシステム投資法(ギャンブル必勝法)の中でも最もシンプルな手法「マーチンゲール法」。マーチンゲール法は、ゲームに負けた際に倍賭けを繰り返し1度の勝利で損失額を回収する優れた投資法です。 この記事では、マーチンゲール法が使えるカジノゲームをご紹介します。戦略内容が倍賭けとなるため、基本的にはどのカジノゲームでも使用することができますが、中にはマーチンゲール法に最適なゲームや賭けもあります。リスクを減らし効率よくマーチンゲール法を使うためにも、ゲーム選びは非常に重要となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。 マーチンゲール法の使い方に関する記事マーチンゲール法の使い方(賭け方)マーチンゲール法の注意点と対策マーチンゲール法を効果的に使うコツ マーチンゲール法が使えるカジノゲーム それでは早速、マーチンゲール法が使えるカジノゲームをご紹介します。 1. Roulette(ルーレット) マーチンゲール法はルーレットの全ての賭けに使用することができます。ただし、マーチンゲール法の成功数を上げるためには、勝率50%(勝率1/2)の2倍配当の賭けで使用することがベストです。 マーチンゲール法は「理論上は必ず勝つ」と言われている攻略法となりますが、連敗が続いて倍賭けが繰り返されるほど、賭け金や損失額も膨れ上がります。勝率が低い賭けでマーチンゲール法を使用してしまうと、連敗が続きあっという間に資金が底を尽きてしまうので、ルーレットで使用する場合は2倍配当の賭けで利用しましょう。 ルーレットの2倍配当の賭け → マーチンゲール法の検証結果はこちらから 2. Baccarat(バカラ) マーチンゲール法はバカラの全ての賭けに使用することができます。バカラの賭けにはプレイヤー勝利、バンカー勝利、プレイヤーペア、タイ、パーフェクトペアなど、様々な賭け方があり、賭けによって倍率や配当が異なります。バカラでマーチンゲール法を使う場合は最も勝率の高いBanker(バンカー)またはPlayer(プレイヤー)の賭けを選択しましょう。 また、マーチンゲール法だけに頼らず、バカラの基本戦略である「カードカウンティング」等の攻略法と併せて使用することで、マーチンゲール法の成功数も上げることができるでしょう。 3. Black Jack(ブラックジャック) マーチンゲール法は2倍配当のブラックジャックにも使用することができます。 ただし、ブラックジャックはルーレットやバカラなどの単純に結果を予測するゲームとは異なり、プレイヤーの行動次第で勝率が大きく変わるゲームです。自らの力量次第で勝率が変わりますので、マーチンゲール法を使用する際は「カードカウンティング」や「ベーシックストラテジー」など、勝率を高めるブラックジャックの攻略法と併せて使用することがおすすめです。 マーチンゲール法が使えるカジノゲーム|まとめ 今回は、マーチンゲール法が使えるカジノゲームをご紹介しました。マーチンゲール法は倍賭けを繰り返す手法となっているため、基本的に金額を自由に設定できるテーブルゲーム全般で使用することができますが、連敗が重なることで賭け金が増大するという欠点があります。マーチンゲール法を使用する際は勝率50%(勝率1/2)の賭けや2倍配当の賭けで使用するようにしましょう。

マーチンゲール法の注意点と対策

戦略がシンプルで誰でも簡単に使えるマネーシステム投資法「マーチンゲール法」。マーチンゲール法はオンラインカジノのルーレットやブラックジャック、バカラ等の幅広いカジノゲームに使用できる有力な攻略法です。倍賭けを繰り返すだけで1度の勝利で損失額の全てを回収できるマーチンゲール法ですが、そんなマーチンゲール法にもいくつか注意点があります。 この記事では、マーチンゲール法の注意点と対策方法についてご紹介します。戦略の欠点をしっかりと理解して対策を講じながら使用することで、より効果的にマーチンゲール法を使用することができますので、ぜひチェックしてみてください。 マーチンゲール法に関する記事マーチンゲール法の使い方(賭け方)マーチンゲール法が使えるカジノゲームマーチンゲール法を効果的に使うコツマーチンゲール法は本当に有効?効力を検証 マーチンゲール法の2つの注意点と対策 それでは早速、マーチンゲール法の注意点を2つ説明します。同時に対策方法もご紹介していますので、マーチンゲール法がうまく扱えない方はご覧ください。 1. 連続して負けると賭け金は一気に増大する マーチンゲール法の最大の欠点は、’’ 連敗すると賭け金が増大する ‘’ ことにあります。まずは以下の表をご覧ください。 ゲーム賭け金累計収支1ゲーム目1ドル-12ゲーム目2ドル-33ゲーム目4ドル-7・・・・・10ゲーム目512ドル-1023ドル11ゲーム目1024ドル-2047ドル12ゲーム目2048ドル-4095ドル 1ゲーム目の1ドル賭け以降、負けたゲームでマーチンゲール法を繰り返し使用した場合、最初は微々たる金額ですが、10連敗ともなると賭け金や損失額が一気に跳ね上がります。 対策連敗が続くようであればマーチンゲール法の使用をすぐに中止しましょう。損失が発生している状態でゲームを終えることが困難な方は、マーチンゲール法を使用する前に「損失額が50ドルを超えたら止める」「5連敗したら止める」など、事前にルールを決めておきましょう。 2. マキシマムベット以上の賭けができない ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどのテーブルゲームには、テーブルごとにミニマムベット(最小賭け金)とマキシマムベット(最大賭け金)が設定されています。マーチンゲール法を扱う上で、’’ マキシマムベットを超える賭けは行えない ‘’ と言うことを必ず頭に入れておきましょう。 ミニマムベット1ドル、マキシマムベット500ドルのテーブルでマーチンゲール法を使用しマキシマムベットに到達した際の結果をご覧ください。 ゲーム賭け金勝敗累計収支1ゲーム目1ドル負け-1ドル2ゲーム目2ドル負け-3ドル3ゲーム目4ドル負け-7ドル4ゲーム目8ドル負け-15ドル5ゲーム目16ドル負け-31ドル6ゲーム目32ドル負け-63ドル7ゲーム目64ドル負け-127ドル8ゲーム目128ドル負け-255ドル9ゲーム目256ドル負け-511ドル10ゲーム目500ドル勝ち-11ドル 本来なら、10ゲーム目の賭け金は500ドルではなく、256ドルを2倍にした金額512ドルとなりますが、マキシマムベットが500ドルの場合は500ドルまでの金額しか賭けることができません。仮に10ゲーム目で500ドルを賭けて勝利したとしても全ての損失額を回収することは不可能となります。 対策連敗が続きマキシマムベットを超える恐れがある場合は直ちに攻略法の使用を中止しましょう。損失が発生している状態で止めることができない方は、マーチンゲール法を使う前に「賭け金が100ドルを超えたら止める」等のルールを定めておきましょう。また、ゲームを開始する前に、テーブルごとに設定されているマキシマムベット額を確認し高額な賭けが行えるテーブルを選んでプレイすることも良いでしょう。 マーチンゲール法の注意点と対策|まとめ 今回は、マーチンゲール法の注意点と対策方法をご紹介しました。マーチンゲール法は倍賭けを繰り返す簡単な手法でありながら、1度の勝利で損失額を全て回収することができる有力な必勝法となっています。ここでご紹介した注意点をしっかりと頭に入れ、対策を取りながらマーチンゲール法を上手く使っていきましょう。

マーチンゲール法の使い方(賭け方)

マネーシステム投資法(ギャンブル必勝法)の中でも最もメジャーな攻略法と言えば、「マーチンゲール法」。マーチンゲール法は負けた損失額を1度の勝利で全額回収することができる優れた投資法です。 この記事では、そんなマーチンゲール法の使い方や賭け方についてご紹介します。オンラインカジノやFX などの勝ち負けが左右されるギャンブルや投資には非常に有効的な手法となっていますので、使い方を覚えてしっかりと利益を出していきましょう。 マーチンゲール法の使い方 マーチンゲール法は「損失額の回収」を目的とする手法です。ゆえに、使用するのはゲームに負けているときです。 マーチンゲール法の戦略内容は ‘’ 倍賭け ‘’ です。ゲームに負けてしまった場合、直前のゲームの賭け金を2倍にした金額を次のゲームに賭けていきます。負けが続く限り倍賭けベットを繰り返し使用するのがマーチンゲール法の使い方となります。 そして、マーチンゲール法を使用してゲームに勝った場合は、積み重なった損失額の全額を回収することができ、さらに利益を発生させます。例えば、2倍配当のカジノゲームでマーチンゲール法を使用し成功した場合は以下のような結果になります。 ゲーム賭け金勝敗累計収支1ゲーム1ドル負け-1ドル2ゲーム2ドル負け-3ドル3ゲーム4ドル負け-7ドル4ゲーム8ドル負け-15ドル5ゲーム16ドル勝ち1ドル このように、負けて積み重なった損失額は1度の勝利で全て回収することができ、1ゲーム目の賭け金分が利益として発生します。例えば、2ドルからマーチンゲール法の倍賭けを使用した場合、勝利時には2ドルの利益が発生し、10ドルから使用した場合は10ドルの利益が発生します。 使い方のポイント 初期ベット額を決めてゲームをスタートゲームに負けた場合:倍の金額を賭けて次のゲームをプレイゲームに勝った場合:マーチンゲール法をリセットし初期ベット額に戻る マーチンゲール法の使い方に関する記事マーチンゲール法の注意点と対策マーチンゲール法が使えるカジノゲームマーチンゲール法を効果的に使うコツ マーチンゲール法の賭け方と実践例 実際に、マーチンゲール法の賭け方を見ていきましょう。Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)のEuropean Roulette(ヨーロピアン・ルーレット)で使用したマーチンゲール法の実践例をご覧ください。賭けには2倍配当のRed or Black(赤黒賭け)を使用しています。 1ゲーム目(開始ゲーム) 1ゲーム目は、「1ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は6の黒で『負け』となり、累計収支は-1ドルです。 2ゲーム目 2ゲーム目からマーチンゲール法を使用します。直前のゲーム(1ゲーム目)の賭け金1ドルを2倍にした金額「2ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は26の黒で『負け』となり、累計収支は-3ドルです。 3ゲーム目 3ゲーム目は、直前のゲーム(2ゲーム目)の賭け金2ドルを2倍にした金額「4ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は22の黒で『負け』となり、累計収支は-7ドルです。 4ゲーム目 4ゲーム目は、直前のゲーム(3ゲーム目)の賭け金4ドルを2倍にした金額「8ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は24の黒で『負け』となり、累計収支は-15ドルです。 5ゲーム目(終了ゲーム) 5ゲーム目は、直前のゲーム(4ゲーム目)の賭け金8ドルを2倍にした金額「16ドル」を赤に賭けてゲームを開始します。結果は19の赤で『勝利』です。32ドルの払い戻しがあり、5ゲーム目の賭け金16ドルとこれまでの損失額15ドルの計31ドルを引いた1ドルが利益として発生しました。 損失額の全額を回収し利益が発生したらマーチンゲール法が成功です。再度マーチンゲール法を使用する場合は、ゲームに負けた際に同様の手順を繰り返しましょう。 → マーチンゲール法の検証結果はこちらから マーチンゲール法の使い方(賭け方)|まとめ 今回は、マーチンゲール法の基本的な使い方や賭け方についてご紹介しました。ご覧の通り、マーチンゲール法は誰にでも扱える簡単な手法となっています。オンラインカジノのルーレットやブラックジャック、バカラなど、多くのテーブルゲームに使用することができますので、ぜひ使ってみてくださいね。